「ストーカー浄化団」1巻~毒には毒を、罪には罰を~の感想とちょっとネタバレ

今回のおすすめ漫画は、「ストーカー浄化団」1巻です。

まずは内容紹介からお話ししましょう!

 

内容紹介

ストーカー浄化団

 

ストーカー行為は犯罪です。

それ言ったら、止めるの?

いなくなるの?

深刻な社会問題として日々取り沙汰されるが、根絶は無理ゲー。

社会の闇の中で今日も生まれ、蠢く。

そんな素晴らしく歪んだ現代ニッポンを

歪(いびつ)なヤツらがまとめて浄化する。

『奴隷区』のオオイシヒロト、問題の最新作!勧悪懲悪ピカレスク、開幕!!

 

ストーカー浄化団(1) (イブニングコミックス)

ストーカー浄化団(1) (イブニングコミックス)

 

 

感想とちょっとネタバレ

ストーカーから被害者を守る、岡島・虎徹・仁村の3人。

この3人が裏社会のプロっていう感じで、すごくカッコイイ!

とくに岡島さんがシティーハンターの冴羽獠感があって、

渋くてカッコイイなと思います。

この漫画は実話をもとに漫画化されてる作品だそうですので、

漫画とリアルの融合っていう感じで、読み応えがあります。

人に興味がなくルックスは普通のわたしには、

ストーカーなんて無縁の話なんですが、

実際にこんな人がいるんだと思うとゾッとしますよね。

今後のストーカーエピソードにも期待大です!

 

 

次巻の感想とネタバレ

現在、準備中です。

 

他のおすすめ漫画

www.oshirist.com

www.oshirist.com

www.oshirist.com

www.oshirist.com

www.oshirist.com