「東京卍リベンジャーズ」2巻~親友アッくんが東卍の幹部!?~の感想とちょっとネタバレ

今回のおすすめ漫画は、「東京卍リベンジャーズ」2巻です。

まずは内容紹介からお話ししましょう!

 

内容紹介

f:id:kanata-official:20190309133402j:plain

 

元不良のダメ男・タケミチは、アウトロー連合“東京卍會”に殺された

最愛の元カノ・ヒナタを救うため12年前の中学時代にタイムリープ!! 

総長・マイキーに気に入られたタケミチは、

東卍(トーマン)に入會して、現代に戻ると、

かつての親友・アッくんは、東卍の幹部になっていた───。

 

東京卍リベンジャーズ(2) (週刊少年マガジンコミックス)

東京卍リベンジャーズ(2) (週刊少年マガジンコミックス)

 

 

感想とちょっとネタバレ

(1)ストーリーについて

2巻早々間違ってナオトと握手してしまい、

せっかくヒナタといい雰囲気だったのに現代に戻ったタケミチくん。

現代のナオトとの話し合いで、マイキーとの接触を試みる2人。

マイキーとつながるために、まず中学時代に友達だったアッくん(千堂)

に会って話をしていたのですが・・・

 

・タケミチくんを線路に突き落としたのはアッくんだった

・アッくんは稀咲を恐れビルから飛び降りた

 

ここでタケミチくんは東卍が巨悪になったのは、

稀咲が原因だという結論に至ります。

そして稀咲が東卍のNo.2になることをふせぐために、

過去に死んでしまったドラケンを救おうと、

再び12年前にタイムリープするのでした。

 

ドラケン死の原因は、東卍とメビウスの抗争。

この抗争を止めようと必死にマイキーを

説得してみたタケミチくんでしたが、

東卍のアジトにメビウスが乗り込んできてしまう。

どうするタケミチくん!?

 

(2)キャラについて

2巻ではマイキーとドラケンの出会いが描かれていたんですが、

小学生にしてめちゃくちゃ強いマイキーがカッコカワイイ。

カリスマ感が半端なくて、人を惹きつける魅力がありますね。

 

次巻の感想とネタバレ

次巻の感想とちょっとネタバレ記事です。

こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです!

 

www.oshirist.com

 

他のおすすめ漫画

www.oshirist.com

www.oshirist.com

www.oshirist.com

www.oshirist.com

www.oshirist.com