「死役所」1巻~魂抉る死者との対話、待望の第1巻~の感想とちょっとネタバレ

今回のおすすめ漫画は、「死役所」1巻です。

まずは内容紹介からお話ししましょう!

 

内容紹介

f:id:kanata-official:20190430153307j:plain

 

お客様は仏様です。

此岸と彼岸の境界に存在する、死役所。

ここには、自殺、他殺、病死、事故死……

すべての死者が訪れる。

罪無き者は、天国へ。罪深き者は、地獄へ。

あるいは――。

“助けたこと、後悔してるんです。

…こんなことを考えてる、自分が嫌で…"

命を棄ててまで、守りたいものはありますか?

魂抉る死者との対話、待望の第1巻。

 

死役所 1巻 (バンチコミックス)

死役所 1巻 (バンチコミックス)

 

  

感想とちょっとネタバレ

市役所と死をかけあわせたタイトル通りの漫画でした。

1巻を読んで印象に残ったところは3つ。

 

1つ目は子供の虐待死。

自分の子供がかわいくないのか!?

育てる気がないならなぜ生んだんだ!?

などなど怒りが込み上げてきます。

こんなクズ親、お前が死ねよ!と思いますね。

 

2つ目は死役所の職員は死刑にならないとなれないという設定。

っていうことは職員は全員犯罪者なのか!?

物腰柔らかい紳士的なシ村さんもまさか・・・

 

3つ目はシ村さんが豹変したところ。

紳士的で事務的というかあっさりして冷めた感じのシ村さん。

たまにニュースになるようなクズで頭おかしいヤツに、

豹変した姿を見せました。

シ村さんの本性が気になる1巻でしたね。 

 

次巻の感想とネタバレ

現在、準備中です。

 

他のおすすめ漫画

www.oshirist.com

www.oshirist.com

www.oshirist.com

www.oshirist.com

www.oshirist.com